倉敷市で蛍光灯・乾電池の捨て方≪資源ごみ・回収箱≫

倉敷市で蛍光管と乾電池の捨て方

倉敷市で蛍光管・乾電池の捨て方

倉敷市で蛍光管・乾電池の捨て方は、蛍光管は平成29年7月から「資源ごみ」として回収され、乾電池はごみの収集日ならいつでも所定の乾電池入れの中に入れることができます。(乾電池入れがない場合は無色透明または半透明の袋に入れて出す)

=PR=リネットジャパン

=PR=  リネットジャパン

リネットジャパン

環境省・経済産業省から認定を受けた「小型家電リサイクル法」の認定業者【リネットジャパン】の、小型家電&パソコンの宅配回収。宅配便がご自宅まで指定日に回収。最短で翌日回収。

【国認定】不用PCの宅配便回収リネットジャパン リネットジャパン
=PR=くらしのマーケット

=PR=  くらしのマーケットで地元の業者の「不用品回収」を料金比較

くらしのマーケット

口コミを参考に地元の業者を選べる【くらしのマーケット】なら簡単予約で迅速回収。不用品の量に合わせて「軽トラック(おおよそ1.5畳の広さに高さ1mまで)¥8,000〜」か「2トントラック(おおよそ3畳の広さに高さ1mまで)¥25,000〜」かを選んで、料金比較ができます。

不用品回収もくらべておトク!【くらしのマーケット】 くらしのマーケット
=PR=

------- PR -------

蛍光管の出し方

蛍光管は、平成29年7月から「資源ごみ」になりました。

購入時(買い替え時)の箱へ入れて、「蛍光管」の札がついた「びんの青色のコンテナ」へ出してください。箱がない場合は、新聞紙で包み、割れないようにしてください。

割れているものについては、無色透明または半透明の丈夫な袋に入れて出してください。

学習机など「蛍光管」が付属している粗大ごみを処分される際は、「蛍光管」を外した上でそれぞれ処分をしてください。

コンテナに入りきらないサイズの「蛍光管」も、コンテナの中に出してください。

LEDや白熱電球は「埋立ごみ」(真備地区は「燃えないごみ」)です。確認し「ごみステーション」に出してください。

=PR=引越しと買取を一括で見積り【トレファク引越】

=PR=  引越しと買取を一括で見積り【トレファク引越】

トレファク引越

トレファク引越は、「引越・買取・処分」を一括で利用できる新しい引越サービス。【回収と引越しを1日で解決】買取(出張買取)品の回収と引越しを、同じ日にまとめて対応。リサイクル業界で20年の実績があるトレジャーファクトリーがしっかり査定・買取します。

トレファク引越の流れ トレファク引越
=PR=

------- PR -------

乾電池の出し方

ご家庭で使用され、使用済みとなった乾電池・コイン形電池は、ごみステーションに備え付けの乾電池入れか、備え付けの乾電池入れがない場合は透明または半透明の袋に入れて出してください。

倉敷市の関連情報