愛媛県粗大ごみ処分

ゴミ処理広域化

愛媛県のゴミ処理広域化≪ゴミ処理場の集約化≫

愛媛県のごみ処理広域化・ごみ処理施設集約化では、令和2年に「愛媛県ごみ処理広域化・集約化検討会」を設置し、5つの広域ブロックごとに、新たに災害廃棄物処理のための分散化等を考慮した、広域化・集約化の検討を始めています。松山ブロックごみ処理広域化検討協議会(松山市、伊予市、東温市、久万高原町、松前町、砥部町)や宇和島地区広域事務組合(宇和島市、松野町、鬼北町、愛南町)で推進しています。
モバイルバッテリー

愛媛県の資源・有害物の回収≪電球・モバイルバッテリー≫

愛媛県の資源物の回収を市町村ごとにまとめています。
粗大ゴミの出し方・持ち込み方

今治市の粗大ゴミの出し方・持ち込み≪今治市バリクリーン≫

今治市の粗大ごみの持ち込み場所(自己搬入)は、バリクリーン(今治市クリーンセンター)(今治市町谷甲394番地)に持ち込みでき、手数料は10kgまでごとに100円です。粗大ごみの収集は、各地区により申込期間が決められており、概ね2ヶ月に1期間です。今治市の粗大ごみ処理券は300円券の一種類のみで、受付番号を記入し、処理手数料分を1点ごとに貼って出します。
小型家電回収ボックスの設置場所

松山市の小型家電回収ボックスと≪パソコンの処分リサイクル≫

松山市では、使用済小型電子機器等のリサイクルを推進するために、専用の回収ボックスを設置しています。回収ボックスの投入口に入らない物は、これまでどおり粗大ごみとして収集・持ち込みにより処分できます。また、松山市では、令和2年4月1日より、家庭用廃パソコン(ブラウン管・CRTディスプレイ、ブラウン管・CRTディスプレイ一体型パソコンを除く)を粗大ごみとして収集しています。
粗大ゴミの出し方・持ち込み方

松山市の粗大ゴミの出し方・持ち込み(処理場への直接搬入)

松山市の粗大ごみの持ち込み場所(自己搬入)は、南クリーンセンター(松山市市坪西町1000番地1)、西クリーンセンター(松山市大可賀3丁目525番地6)(可燃性粗大ごみに限る)に持ち込みできます。手数料は、30kg以下は無料、30kgを超え40kg以下は680円、40kgを超える場合10kg単位で170円加算となります。粗大ごみの戸別収集は、ハガキ申込みで、手数料は無料です。
家電リサイクルの指定引取場所

愛媛県松山市のテレビやエアコンの処分≪家電リサイクル指定引取場所一覧≫

愛媛県松山市で家電リサイクル4品目(テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機)を持ち込む場合の指定引取場所は、金城産業(松山市北吉田町349番地の1)です。また、四国西濃運輸松山支店(東温市上村甲980番地)や、四国梱包運送(新居浜市黒島1丁目1番15号)も指定引取場所です。
蛍光管・乾電池の捨て方

松山市の蛍光灯・乾電池の捨て方≪水銀ごみ・埋立ごみ≫

松山市では、蛍光管は年4回の「水銀ごみ」の日に、無色透明の 45リットル以下の袋で出してください。乾電池は月1回の「埋立ごみ」の日に、無色透明の45リットル以下の袋で出してください。現在販売されている乾電池は水銀 0 使用です。ボタン型電池も水銀 0 使用のものもありますが、水銀使用のものもありますので、ボタン型電池は「水銀ごみ」で出してください。
蛍光管・乾電池の捨て方

今治市の蛍光灯・乾電池の捨て方≪有害ごみ≫

今治市では、蛍光管・乾電池は月2回の「有害ごみ」の日に、資源集積所(リサイクルステーション)に用意する専用コンテナにバラバラにして入れてください。持ち運びに使用した袋や容器等は持ち帰ってください。収集日は、資源(びん類、缶類、ペットボトル、白色トレイ、紙類、布類)の日と同じ日です。
小型家電回収ボックスの設置場所

今治市の小型家電回収ボックスと≪パソコンの処分リサイクル≫

今治市では、市内店舗等のご協力により、「小型家電回収ボックス」を設置しています。パソコン(ノートPC含む)は対象外です。投入口に入らない大きさのものは、燃やせないごみ(緑色の袋)でお住まいの地区で決められた日に出してください。投入口の大きさは、幅が25センチメートル、高さが15センチメートルです。