蛍光管・乾電池の捨て方

蛍光管・乾電池の捨て方

川口市の蛍光灯・乾電池の捨て方≪有害ごみ・拠点回収≫

川口市では、蛍光管は週2回の「有害ごみ」の日に、乾電池は市役所・支所・公民館等の収集拠点に常設してある「専用収集ボックス」で回収しています。蛍光管は危険がないように箱に入れるか新聞紙で包み、「有害ごみ」と書いた紙をはって出してください。乾電池は袋に入れずに、「専用収集ボックス」にそのまま出してください。
蛍光管・乾電池の捨て方

岸和田市の蛍光灯・乾電池の捨て方≪拠点回収(ボックス)≫

岸和田市では、蛍光管は「不燃ごみ(埋立ごみ・小さな金属類・蛍光管)」として2ヶ月に1回の回収をしています。また、蛍光管は市役所廃棄物対策課への持ち込みも可能です。乾電池は、市内の公共施設や町会館、スーパーなどに設置している回収ボックスで回収しています。
蛍光管・乾電池の捨て方

富山市の蛍光灯・乾電池の捨て方≪燃やせないごみ≫

富山市では、蛍光管・乾電池は月2回の「燃やせないごみ」の日に、中身が見える透明な袋に入れて出してください。袋に入らないものは、まとめてそのまま出してください。割れたものは紙に包んで「注意」と書いて出してください。
蛍光管・乾電池の捨て方

伊丹市の蛍光灯・乾電池の捨て方≪拠点回収(ボックス)≫

伊丹市では、蛍光管・乾電池は「水銀使用廃製品」として、市内 7 箇所の公共施設に回収ボックスを設置し、拠点回収を実施しています。回収拠点は、「ふらっと」人権センター・くらしのプラザ(消費生活センター)・きららホール・市役所本庁舎・野間分室・南分室・神津交流センターです。
蛍光管・乾電池の捨て方

田辺市の蛍光灯・乾電池の捨て方≪埋立てごみ≫

田辺市では、蛍光管・乾電池は月1回の「埋立てごみ」の日に、「埋立てごみ専用袋」で出してください。乾電池や体温計は、処理の仕方が違いますので、別に透明なビニール袋に入れて、出してください。埋立てごみ専用袋へ一緒に入れないでください。「埋立てごみ」は、破砕処理を行い、体積を小さくしてから埋立て処理を行っています。
蛍光管・乾電池の捨て方

海老名市の蛍光灯・乾電池の捨て方≪資源物(無料回収)≫

海老名市では、蛍光管・乾電池は週1回の「資源物」の日に出すことができます。海老名市では令和元年9月30日から家庭系ごみが一部有料化となり、燃やせるごみ・燃やせないごみはそれぞれ有料の指定袋が必要です。「資源物」についてはリサイクル促進のため無料なので、対象となる品目ごとに、透明・半透明の袋で各資源物の収集日にごみ集積所に出してください。
蛍光管・乾電池の捨て方

米子市の蛍光灯・乾電池の捨て方≪拠点回収(回収ボックス)≫

米子市で蛍光管・乾電池の捨て方は、年4回(6・9・12・3月の第1土曜日)の定期収集日とともに、市役所本庁舎などに回収ボックスを設置することで、排出機会を増やしています。回収ボックス設置場所は、米子市役所本庁舎1階 正面玄関ホール・米子市淀江支所・米子市クリーンセンターです。
蛍光管・乾電池の捨て方

上尾市の蛍光灯・乾電池の捨て方≪有害ごみ拠点回収(回収箱)≫

上尾市では、蛍光管・乾電池は各地区の公民館、市の公共施設(消防署を含む)に設置している専用回収箱で回収しています。ボタン電池や充電式電池は、廃乾電池の専用回収箱には入れられません。
蛍光管・乾電池の捨て方

宇都宮市の蛍光灯・乾電池の捨て方≪危険ごみ≫

宇都宮市では、蛍光管・乾電池は週1回の「危険ごみ」の日に「電池類」と「その他危険ごみ」に分けて、別々の透明か半透明の袋に入れて出してください。令和5年4月より「危険ごみ」が、「電池類」と「その他危険ごみ」に分けることになりました。
蛍光管・乾電池の捨て方

盛岡市の蛍光灯・乾電池の捨て方≪拠点回収(ボックス)≫

盛岡市では、蛍光管・乾電池は、盛岡地域では、公共施設、スーパーなどで拠点回収をしています。設置してある回収ボックスに出してください。都南地域及び玉山地域では、使用済蛍光管及び使用済乾電池はごみ集積場所に出すことができます。指定された収集日に、決められたごみ集積場所へ出してください。