神奈川県粗大ごみ処分

PCリサイクル

鎌倉市でパソコンと小型家電の≪宅配回収と燃えないごみ有料収集≫

鎌倉市で小型家電を処分するには、燃えないごみとして鎌倉市の有料袋(指定収集袋)に入れて出してください。鎌倉市では、平成27年4月1日から燃やすごみと燃えないごみの有料化を実施しています。また、鎌倉市では令和2年(2020年)7月3日に、リネットジャパンリサイクルと「小型家電リサイクルにかかる連携と協力に関する協定」を締結し、宅配便によるパソコンや小型家電の回収を実施しています。
粗大ごみ持ち込み自己搬入

鎌倉市で粗大ごみの持ち込み場所(自己搬入料金)名越・今泉クリーンセンター

鎌倉市の粗大ごみの持ち込み場所(自己搬入)は、クリーンセンターに直接持ち込むことができます。持ち込みは、電話での事前予約制です。鎌倉・腰越・深沢地区は名越クリーンセンターへ、大船・玉縄地区は今泉クリーンセンターになります。受付場所にて現金で支払い。持ち込み時の手数料は、収集の半額になります。粗大ごみ(1品300円)、大型粗大ごみ(1品600円)です。
粗大ごみ回収料金処理券シール

鎌倉市で粗大ごみの申し込み・回収料金≪粗大ごみシール≫名越・今泉クリーンセンター

鎌倉市で粗大ごみの申し込み・回収料金は、粗大ごみシールは1枚600円と1,200円の2種類です。収集の申込は電話またはインターネットから予約し、地区により申込先が違います。鎌倉・腰越・深沢地区は名越クリーンセンターへ、大船・玉縄地区は今泉クリーンセンターになります。粗大ごみシールを貼り、収集日の指定時間までに排出場所に出してください。
PCリサイクル

小田原市でパソコンと小型家電の≪宅配回収とリサイクル回収ボックス≫

小田原市で小型家電を処分するときは、市内5カ所の公共施設に設置してある小型家電回収ボックスに入れてください。回収ボックスに入れることが出来ない場合は、月1回の「燃せないごみ」の収集日にお出しください。ご家庭で不用になったパソコンは、小田原市では回収していません。小田原市と協定を締結している宅配便回収(無料)、または、メーカーによる自主回収(一部有料)により、処理してください。
粗大ごみ持ち込み自己搬入

小田原市で粗大ごみの持ち込み場所(自己搬入料金)環境事業センター

小田原市の粗大ごみの持ち込み場所(自己搬入)は、環境事業センター(小田原市久野3768 )に持ち込むことができます。小田原市内から出されたごみであることを確認するため、ごみを持ち込む際は、出す方の住所氏名、居住がわかるものを持参してください。1kgにつき25円の処理手数料となります。
粗大ごみ回収料金処理券シール

小田原市で粗大ごみの申し込み・回収料金≪大型ごみ証紙≫リサイクルセンター

小田原市で粗大ごみの申し込み・回収料金は、大型ごみ証紙は1枚1,000円の1種類のみです。原則大型ごみ1個につき1枚(1,000円)必要になります。リサイクルセンターへの戸別収集依頼を電話予約による事前申し込み制で予約日に家の前に出します。大型ごみは、家具、自転車、マットレス、じゅうたんなど45ℓの袋に入らないもの。
粗大ごみ持ち込み自己搬入

厚木市で粗大ごみの持ち込み場所(自己搬入料金)環境センター

厚木市の粗大ごみの持ち込み場所(自己搬入)は、環境センター(厚木市金田1641-1 )です。事前の申込予約制です。環境センター持込予約電話 046-225-2790へ予約してください。処理手数料は、粗大ごみは1点500円・特定粗大ごみは1点1,000円で、現金払いとなります。環境センター駐車場内の会計でお支払いください。
粗大ごみ回収料金処理券シール

厚木市で粗大ごみの申し込み・回収料金≪粗大ごみシール≫戸別収集電話番号

厚木市で粗大ごみの申し込み・回収料金は、粗大ごみシール(粗大ごみ収集処理申込券)は1枚500円の1種類のみです。粗大ごみは1点500円(シール1枚)で、特定粗大ごみは1点1,000円(シール2枚)です。収集当日の朝9時までに粗大ごみシールを貼付け、指定の場所へお出しください。
PCリサイクル

厚木市でパソコンと小型家電の≪宅配回収とリサイクル回収ボックス≫

厚木市では、公民館や市施設に小型家電回収ボックスを設置しています。回収ボックスに入らない小型家電は、環境センターに直接持ち込んでいただくことも可能です。回収している小型家電は、投入口(約30cm X 約15cm)に入る対象品目で、長さ50cmを超えるものは粗大ごみ(有料)の扱いとなります。
PCリサイクル

大和市でパソコンと小型家電の≪リサイクル回収ボックス≫

大和市では、環境省の平成25年度「小型電子機器等リサイクルシステム構築実証事業」(市町村提案型)を活用し、平成25年11月からご家庭で不用となった小型家電を回収し、有用金属を再資源化する「使用済小型家電リサイクル事業」に取組んでいます。実証事業終了後の平成26年4月からは回収ボックスを2箇所増設し、また、不燃ごみの中からも使用済小型家電をピックアップ回収し、再資源化を行っています。
タイトルとURLをコピーしました