東京都粗大ごみ処分

東京都粗大ごみ処分

板橋区の蛍光灯・乾電池の捨て方≪不燃ごみ・拠点回収≫

板橋区では、蛍光管は月2回の「不燃物」の日に回収し、乾電池(マンガン電池・アルカリ電池)は区役所・地域センターなどの公共施設に回収ボックスを設置し、拠点回収を実施しています。乾電池を拠点まで持ち込むのが難しい方は「不燃ごみ」として出してください。
東京都粗大ごみ処分

小金井市の蛍光灯・乾電池の捨て方≪有害ごみ≫

小金井市では、蛍光管・乾電池は2週間に1回「有害ごみ」として回収しています。透明または半透明の袋に、「有害」と書いて出してください。令和3年4月1日からボタン電池、モバイルバッテリー、リチウムイオン電池、充電池等が有害ごみとして出せるようになりました。
東京都粗大ごみ処分

調布市の蛍光灯・乾電池の捨て方≪有害ごみ≫

調布市では、蛍光管・乾電池は隔週にある「有害ごみ」の日に回収しています。袋には入れずに、カゴ・バケツ・コンテナなどの容器に入れてください。燃やせないごみと収集日は同じですが、燃やせないごみとは必ず分けてお出しください。
東京都粗大ごみ処分

江戸川区の蛍光灯・乾電池の捨て方≪燃やさないごみ≫

江戸川区では、蛍光管・乾電池は月2回の「燃やさないごみ」の日に、ごみ容器又は透明(中身の見える)の袋に入れて出してください。月2回、第1・3又は第2・4の指定曜日の収集となります。第5曜日は収集がありません。
東京都粗大ごみ処分

渋谷区の蛍光灯・乾電池の捨て方≪資源・不燃ごみ≫

渋谷区では、蛍光管は週1回の「資源」の日に回収し、乾電池は月1回の「不燃ごみ」の日に回収しています。割れた蛍光管やLED・白熱電球は「不燃ごみ」となります。平成30年7月から、水銀を含む蛍光管類は「資源」として回収しています。
東京都粗大ごみ処分

東村山市の蛍光灯・乾電池の捨て方≪有害物≫

東村山市では、蛍光管・乾電池は週1回の「有害物」の日に回収しています。「びん・かん」と同じ日に収集しますが、有害物は「びん・かん」とは別の透明・半透明の袋に入れて出してください。
東京都粗大ごみ処分

豊島区の蛍光灯・乾電池の捨て方≪拠点回収(回収ボックス)≫

豊島区では、蛍光管・乾電池は区役所や区民ひろばなどの公共施設に専用の回収ボックスを設置し拠点回収を実施しています。蛍光管については、月2回の「金属・陶器・ガラスごみ」の日に出すこともできますが、できるだけ区施設の回収ボックスヘ出してください。
東京都粗大ごみ処分

三鷹市の蛍光灯・乾電池の捨て方≪有害ごみ≫

三鷹市では、蛍光管・乾電池は「有害ごみ」と表示して、毎週1回の収集日当日の午前8時までに、家の前の道路端、またはごみ集積場所へ出してください。有害ごみとは 水銀などの有害な物質を含むものや、発火などの危険性があるものです。容器または、透明、半透明の袋に入れて「有害ごみ」と表示して出してください。
東京都粗大ごみ処分

品川区の蛍光灯・乾電池の捨て方≪資源回収(ステーション)≫

品川区では、蛍光管・乾電池は月1回「資源回収ステーション」で回収しています。資源回収は、品目ごとに回収車・回収時間が違います。また、資源回収ステーションはごみ捨て場ではありません「燃やすごみ」「陶器・ガラス・金属ごみ」「粗大ごみ]は出さないでください。
東京都粗大ごみ処分

目黒区の蛍光灯・乾電池の捨て方≪水銀を含む製品・拠点回収≫

目黒区では、蛍光管は月1回の「燃やさないごみ(水銀を含む製品)」の日に回収し、乾電池は区役所・区民センターなどに設置された回収ボックスで拠点回収をしています。平成28年4月より「水銀を含む製品」の分別回収を始めています。蛍光管や水銀体温計などは回収日時や出し方が変わりました。