北海道粗大ごみ処分

資源物回収

札幌市で蛍光灯・乾電池の捨て方≪拠点回収・ステーション回収≫

札幌市では、蛍光管はスーパー・ホームセンター・家電量販店・電器店などの回収協力店や地区リサイクルセンターで拠点回収しています。乾電池は週1回の「びん・缶・ペットボトル」の日に透明または半透明の別袋に入れて出してください。また、乾電池は令和3年10月から4週に1回の「燃やせないごみ」の日から、週1回の「びん・缶・ペットボトル」の日に変更になりました。
PCリサイクル

札幌市でパソコン処分と≪小型家電回収ボックス≫リサイクル

札幌市では、パソコンを含む小型家電リサイクルで「回収ボックス」と「回収拠点」の2つのタイプの無料回収場所があります。また、一部家電量販店では小型家電・パソコンの店頭での対面回収・商品配送時の回収があったり、宅配便を使って小型家電・パソコンの回収を行っている事業者もあります(宅配便で自宅から希望日時に回収)。
粗大ごみ持ち込み自己搬入

【旭川市】粗大ごみの出し方・持ち込み≪旭川市廃棄物処分場≫

旭川市の粗大ごみの持ち込み場所(自己搬入)は、旭川市廃棄物処分場(旭川市江丹別町芳野71番地)に持ち込みできます。埋立処分手数料は、10kgまでごとに156円です。搬入の際には、自己搬入調査票を記載する必要があります。収集の場合は、粗大ごみ処理券が必要で、粗大ごみ処理手数料シールは、650円券と300円券があります。
資源物回収

函館市で蛍光灯・乾電池の捨て方≪燃やせないごみ・回収箱≫

函館市では、蛍光管は2週に1回の「燃やせないごみ」の日に「燃やせないごみ」の「指定袋」に入れて出してください。乾電池は、町会館・市の公共施設などに「使用済み乾電池回収箱」を設置しているので、近くの施設へ直接持ち込んでください。
PCリサイクル

函館市でパソコン処分と≪小型家電回収ボックス≫リサイクル

函館市では、小型家電に含まれる有用金属をリサイクルするため,市内の公共施設等22か所に回収ボックスを設置し,家庭で不用になった小型家電を無料で回収しています。回収ボックスの投入口(30cm×30cm)に入る大きさのもので、奥行50cm未満のものを設置している回収ボックスの上部投入口から直接入れてください。
資源物回収

北海道で資源・有害物の回収≪電球・モバイルバッテリー≫

北海道の資源物の回収を市町村ごとにまとめています。
粗大ごみ持ち込み自己搬入

【函館市】粗大ごみの出し方・持ち込み≪函館市クリーンセンター≫

函館市の粗大ごみの持ち込み場所(自己搬入)は、恵山クリーンセンター(函館市高岱町428-1)・南茅部クリーンセンター(函館市豊崎町209-1)・七五郎沢廃棄物最終処分場(函館市東山町150-1)に持ち込みできます。家庭ごみの料金は、10kgまでごとに 26.4 円(税込)で、現金支払いです。収集の場合は粗大ごみ処理券が必要で、大きさや重さなどによってごみ処理券の種類が違います。
家電リサイクル

北海道札幌市でテレビやエアコンの処分≪家電リサイクル指定引取場所一覧≫

北海道札幌市で家電リサイクル4品目(テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機)を持ち込む場合の指定引取場所は、ロジスティード北日本発寒物流センター(札幌市西区発寒10条12-2-20)です。また、鈴木商会札幌北事業所(札幌市東区北丘珠5条4丁目4-60)や、日本通運函館支店(函館市万代町18-12)も指定引取場所です。
PCリサイクル

旭川市でパソコン処分と≪小型家電回収ボックス≫リサイクル

旭川市では、小型家電に含まれる有用金属をリサイクルするため,家庭で不用になった小型家電を無料で回収しています。施設により、対面回収(職員が直接受け取る)とボックス回収があります。ボックス回収の施設は、小型家電回収ボックスに直接入れてください。大きさが50センチメートルを超えるものは、回収できません。
北海道粗大ごみ処分

北海道のごみ処理広域化≪道央廃棄物処理組合など≫

北海道のごみ処理広域化・ごみ処理施設集約化では、処理施設の更新を契機として焼却施設を中心に集約化が進められ、焼却施設は平成9年の135施設から47施設へと減少しています。道央廃棄物処理組合(千歳市、北広島市、南幌町、由仁町、長沼町、栗山町)や、北しりべし廃棄物処理広域連合(小樽市、積丹町、古平町、仁木町、余市町・赤井川村)などの市町村連合が推進しています。